設計事務所に就職をするには図面の提出をう

設計を行う会社では、図面を作成できなければならないので、学校を卒業してそこの会社に就職を希望されるときには、どれだけ作成できるか判断するために図面の提出を必須となっているところも多いので、自分で考えたテーマで図面を作成することが大事です。こういった事務所では資格をお持ちの方ですと有利なことも多いので、学生の時に資格を取得できるのであれば、国家資格の試験を受けることをおすすめします。提出する図面は、平面図、立面図、かなばかりを作成するのですが、プレゼンテーション用の図面なので、きれいに作成をされるといいと思います。

面接のときにこの図面がどういったテーマで書かれたものなのか、言えるようにしておくことが大事ですね。自分で考えられたものなので答えられると思います。順番的には二級が受かって一級を受けることになるので、二級の資格をお持ちの方であれば、一戸建ての住宅の図面を作成することが大切ですね。学校の授業でもプレゼンテーション用の図面は作成すると思いますが、それとは別に作成したものがいいと思います。また、立体の作成の仕方も習っていると思いますので、平面、立面、屋根伏せがかければ立体にすることも可能なので、立体を作成して完璧な図面を提出してみてくださいね。色を塗る時間があれば色を塗られるとなおいいと思います。面接の時に図面提出を求められたら、図面でどれだけすばらしいものがかけるかが大切なのです。