就職とは、人生設計です。

人生は何時、何処で何が起きるのかは分かりません。就職も色んな壁とぶつかって来ました。常に先を見据えないといけません。就職は一度きりの人生ではありませんが、あまりに転々とする仕事だったら、あまり好感は得られません。設計するにもいろんな工夫が必要です。ここまで来たら、仕事に対してはひたむきになるしかありません。人生は一度きりではありません。積み上げた人生、就職するにもリスクが伴います。退職する理由、必ず再就職活動の際に面接官から聞かれます。そしてそれは尋問のように聞こえてしまうかもしれませんが、それは自分自身で決めた事だから、仕方がないと思っています。最良の答えはありません。相手に納得してもらえるかに掛かっています。人生設計は大変ですが、就職に対する見方は人それぞれに拠ります。転機はいずれ、訪れますが、それを判断するのは私自身です。就職に対する勝ち組の設計は出来るのかどうか?就職は一度きりではありません。またやってくるかもしれません。設計に携わる仕事かもしれません。設計はまだまだ終わりません。人生が続く限り、人生設計は残ります。

設計は難しいですが、準備するのは紙とペンのみです。就職は色んな思いを抱いて動かします。就職は成功するか失敗するか?紙一重です。私自身、思い描く就職プランになっている事ではありません。人生、いつ何がどうなるのかは分かりません。人生楽しい事ではありませんが、就職に対する想い、学生時代から変わっていません。