就職を成功させるために、人生設計が必要です。

就職は大変でした。大学生のころ、3回生の秋ごろからぼちぼちと動きがみられます。大学生の頃は私服で学校に登校していました。就職活動には色んな試練が待っていますし、それをどのように乗り越えるかに掛かっています。就職活動を成功するために、人生設計を立てています。ヒヨコ、私の大学生時代の現状です。右左が分からない大学生でした。就職活動の時期になると、大学時代の授業を完璧に終わらせたいのです。就職活動中は、授業に出られる回数は限られます。ゼミ以外の授業はすべて単位、必要分を習得していれば、就職活動にも専念できます。今までの人生設計、殆どが失敗でした。就職に向けたサクセスストーリーを今から設計しますが、しっかりとし旅順が求められます。お金も求められます。全国回る覚悟が必要という認識を持っておくべきです。手帖には就活中、予定でぎっしりと埋まっています。何社も説明会だったり、面接だったり、殆ど予定が書き込まれていました。空白は数えるほどでした。就職は常に短期勝負ですが、最後は自分が満足できたかどうかに拠ります。

就職は満足出来る事、それが成功への近道です。就職は常に先を見据えて行動しなればなりません。事前に設計しても修正を余儀なくされています。時間の戦いになります。一年後は一年後輩の学生が就職活動が始まります。それまでに決着つけたいというのが本音です。人生の設計図を崩れないように、しっかりと正して、満足いく就職にして見せます。